騙されたくないなら、自分も盛らないこと

騙されたくない などと 思っているならば

自分も 人に嘘をつくのはやめよう。

話を盛るのも やめよう。

メイクで 綺麗になるとか 補正効果のある下着とか
シークレットブーツ お世辞 口先だけの おべんちゃらやら
その場をとりつくろうだけで 本心とは違うセリフの数々…

意図的に、陥れることだけが「騙す」ことではないよ
「騙された」か否か、は「相手が決めること」だから。

そんなつもりじゃ とか このくらい、とか通用しないことも多々あって
それを相手は 言わないことも 多々ある。(騙された…)

コスメの宣伝文句には いろいろ厳しい制限があるようだけど
それでも あの文言って 全部 本当だと思う?

まともに「信じて」いる?
使ってみて、「うたい文句通り」だった?

毎年毎年 どんどん進化しているようなコスメのコピー
それが 全部本当なら 整形なんてしなくても
コスメだけで 美白もエイジングケアも 出来ちゃうはず。

そんなに 新製品が出るたび 中身が進化していると
「実感」出来ている人って どのくらいいるかな、
そんな製品が どれだけあるかな 笑

それでも、好きなら買っちゃうし 確かに、良くなっているもの、
使ってみないと 分からないほど 進化しているものもある。
自分で「納得」していれば 騙されるも、騙されないも ない。

もし、「騙されたくない」なら、自分の思いと行動、を一致させなければ。
それは大切なこと。自分は騙されたくないけど
他人を騙すのは仕方がない なんて 通じないでしょ

たとえ 騙されたとした。て 自分が信じていたのなら
良しとすればいいし もうないよ。ってやめたっていい。
信じたいなら、ずっと信じ続ければいい。

「決める」のは自分。やめるのも自分。

明らかな嘘、だって
面白そうなら、ちょっと 覗いて 乗ってみたっていいじゃない

素敵な嘘とか 騙しもある。
楽しい嘘。  面白いだまし絵。

いつもいつも 本音を言えばいいっていうものではないのが
人間世界の 面白いところ。

人には 個人差、個体差があって

受け取り方、が全く同じ人は いないということ。

本当のことを言って 相手が傷つく(嫌な気持ちになる)こともあるし
嘘(お世辞)を言って その場が丸く収まることもあるし
その逆も、ある ということ。

こういうことが 下手な人も 上手な人もいる
大人と子供の差、でもある。

大人になろう、の話は 先ほどアメブロで書いたばかりなので

せひこちらも読んでください。

http://ameblo.jp/68686868/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください