やりたいことは未来からやってくる

物事を考える時も 実際に行動に移す時も
何かをやる時に

「ダメ」「出来ない」「下手」と思いながらやるのと

出来る が前提でやるのとでは どちらが苦労なく出来るだろう。

それは 言わずもがな、ではないか。

出来ない出来ない~ って 言いながら出来ちゃうこともあるだろうけど。

ダメとか、出来ない、下手、…などというのは 自分の中で誰かと比べるから出てくるわけで
それは 一般化された「みんな」かもしれないし
特定の「誰か(たち)」かもしれないし
「過去の自分」「過去やってみて出来なかった自分」…
と 比べているのかも しれない

自分が 何かを思う時 想像する時 そうやって誰かと比べて
出来ないなんて 思って 想像するほど 無駄にバカバカしいことはないはず。

やりたい、なら 結果は後回し(やってみなければ わからない)

時系列でみると やりたい(と思う)→やってみる→結果

このような順番になるけれど
実際 やりたい と思うということは
出来るという可能性を感じるからやりたい やってみたい、と思っているわけで

可能性からみれば 既に出来た、という結果が先にあるということ。

行動は時系列だけど 思考は実は未来が先

やったことがないことを やりたいと思う
それは 可能性からやってくる ということ。

出来ないかも、という想いは、過去(経験側 他人の意見など)を引き合いに出しているわけだ

今まで出来なかったからって これからも出来ない、とは 限らない。

そうでなければ 上達とか、進歩とか、そういった類のことが一切、成り立たなくなる。

人間には、個人差、があるということを 忘れないでほしい。

一般化された数値に惑わされてはいけない。

あなたが簡単に出来ることが、地球上の全員同じように出来るわけじゃない
出来る必要がない人 そのこと自体を(概念)を知らない人達だっているはず

当然だけど その逆もある。

同じ「人間」とは言え 人は 本当に さまざまであることを思えば
誰かと 比べて どうのこうの、なんて考える必要は

まったくなくて 参考程度にしかならない、ということ。
大体、あなたが比べる 誰か、という範囲は 誰なのだ。
知っている人か、 逆に会ったこともない著名な人たち、ではないか。

その人たちが地球上のすべての人ではないはず。
知らない世界には いろんな人々がいて
あなたが望むことのやり方を知っている人だっているかもしれないし、
出来る出来る、 と賛同してくれる人だって いるかもしれない。

極端な話、世界中の人に無理と言われたとしても
自分が「出来る(かも)」と思えば それは絶対に不可能、ではないのだから。

一番大切なのは 自分が この先「どうしたいか」ということ。

どうしたいか、が決まれば どうあればいいのか、今何をすればいいのか、が
決まってくる。

未来(ゴール)を決めれば 今(これから)が決まるのだ。

あなたのゴール達成を後押しする人間も この地球上に必ずいる。

探せば 必ず見つかるものである。

やりたいことは未来からやってくる” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください