誰でも「簡単に」出来るまで

あなたが簡単に出来る と思うことってなんだろう。

簡単に出来る… 思うだけならすぐだし簡単だとしても

「思い」を「実現」するのは そう「簡単」にはいかない。
「何を思うか」によっては思うだけのことなのに
それが、難しい、というわけだ。

経験していくうちに
体験していくうちに、簡単に出来るように なっていく。
「思考と行動」が組み合わさって 身体が覚えていくわけだ。

願いは叶うし ゴールは達成出来る。

時流に乗っているような話だけれど(ここ10年ほどで急速に広まった感がある)
以前はまだまだ(現在だって)怪しいとんでも話の域を出ず、
私自身、こういった類のことをうまく人に伝えられる自信がなかった。

言語化出来るということは
自分なりの考え(哲学とかロジック)を持っているということだ。
誰かの受け売りそのままでは、応用が利かない。
非言語(言語化出来ない全て)について
どこまで言語化して 説明出来るか。

「宇宙が叶えてくれます」
「天に任せて 後は待つだけ」
「イメージしてわくわくすることだけしていなさい」
「瞑想しましょう」
「全ては起きていることで あなたが起こしていることではありません」
「大丈夫 すべてはうまくいっている」…
願いが叶わないのは、あなたの「イメージが足りない」からなのか。

ネットで書籍で、私が言っているような話は、
いくらでも探すことが出来るけれど。
その文章の意味を読みとれる人は少ないだろう。

体感を伴っていない(実感を伴っていない)人の言うことは 弱い。
本人が「知識として知っているだけ」だから。
専門用語を知って、メカニズムを説明出来るだけでは
真に「理解している」とは言えない。
本人に焦りや迷い、緊張が生じていれば、
それは相手(の無意識)に伝わってしまう。

分かる人には、その場ですぐ分かってしまうし
その時 気づかなかったとしても
伝える側がそれを誤魔化したままで続けていくとすれば
やがて 何らかの形で それは表面化されるだろう。

「騙された」とか「効果がない」
それは 理論が間違っているというより、ほぼ
伝える側の 理解度とトレーニングや経験値の問題だろう。

「簡単」
その中身は千差万別。決して一括りでは 言えないものである。

「誰にでも」それが出来るようになる。
一般化されて 当たり前になるまでには
数々の紆余曲折、繰り返す試行錯誤の日々がある。
そのプロセス、ステップ自体を 面白がれる、楽しめる人が
未来の現実世界に影響を及ぼす人達なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください