自分と社会と地球の未来

東京 涼しい日が続きますがお元気ですか。

昨日59回目の誕生日でした。 この数年ちょっと気持ちが焦っておりました。
一番焦っていたのは30代の頃で 年齢自体は気にならないのですが
ゴール達成を思うと なんでまだこんなことしているのか…
と やたら焦っていたわけです。

そしてこの出来事があった後、

外に向けていた気持ちが しゅーっと萎んでしまうのです。
これは 考えてもいなかったゴールなのかと思うと
仕事で成功して みんなに伝えようなんて
私がしなくても 十分すごい人たちがやっているなんて。

この後7年ほど
それまでしてこなかったこと
自分が最も苦手だと思っていた身体を使うこと
都心ではなく東京近郊の古墳、神社仏閣散策
多摩川の上流下流、自転車で一日何キロ走ったでしょう。
こんなに体力があるとは 自分でも驚くばかりで
最初一人で地域周辺あちこち散策していたのですが
途中からスズキも一緒になって ほぼ毎日二人で
自転車で早朝から日暮れまで どこまで行けるか。

老後の楽しみを先取りか?なんて言いながら。
仕事の入らない ほぼ毎日 笑

こんな極端な日々は長くは続かないだろうとは
思いましたが 楽しかったです。
結婚以来 こんなに一緒に行動した日々もないでしょう。
一緒と言っても、自転車こいでいる時間は一人、
その間、閃きがやたらに降ってきて
頭の中と景色が それまでの日常にない
煌めきに満ち溢れている、
ちょっと現実離れした日々でした。

この数年、体調も、若い頃よりずっと良いものですから
40歳手前でものすごく焦っていた頃を思うと
かなり呑気ですし 元気なのです。

ぼーっとしてたら実現できないゴールたち、
若い頃見えなかったことが
やっと、見えてきました 具体的にどうするとか こうするとか。
若い頃は もっと早く形になっていると
思っていたんですよね 笑

個人的な趣味嗜好を満たすこと、
美味しいものを食べ、欲しいものを手に入れ
お洒落三昧…

それは 生きている限り、当たり前にやることとして
私にとってとても重要なことではありますけれど
今までの人生でも、私個人は 幸せなのです。

では他の人たちはどうなのでしょう。

動きたいのに動けない。
やりたいことがない わからない。
恋愛や結婚など 人のためにお金や労力を使う位なら
自分の趣味に使いたい
そんな声が聞こえてきます。

その気持ちは 私にもわかるのです。

好き放題やっていてぶつかったこと
苦悩していたこと、
怖かったこと、ないわけがありません。
大変なことシリーズも普段忘れているけど
あるんです 笑

じゃあ どうするか、と考えて 試して
そして 見えてきたこと、体験してきたことを

人々のために 役立ること
そういう場を設けること、

そのような志を持っている人たちと
実社会で 関係性を作ること…

今までは ずっと隠れるようにして、活動しておりました。
私は 自分を立て直すことに専念しよう、
私がやらなくても 素晴らしい方たちがいるではないか
なんて 現状維持が好きな声が言いそうな
もっともらしいセリフではありますね 笑

その時期を経て 60歳まであと1年の今

社会に対して 自分の周囲の大切な人々
そして もっと多くの人々のために行動していくことなくして
私の未来は 描けないということです。

人間はどのようなゴールを設定しようとも
不完全で 未完成な存在でしょう。

個人としても 全体としても。
だからこそ 進化し続け、 創造し続けるのだと

この原動力はどう考えても、私の個人的欲求を超えています。

地球に意志があるとすれば まさに、そこから来ているのではないでしょうか。

そんなことはあくまでも私の推論でしかありません。

夢のような 抽象的な話をこの地球上で「具体的な形に」落とし込んでいく。

それがこれからの私の楽しみです。

いつもありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください