夢を叶えるならお金は沢山あったほうがいい

引き続き お金の話です。

お金は沢山あったほうがいいでしょう?

どうですか?

 

夢があろうがなかろうが。

お金のいらない世界が来るとしても

今日明日には来ないでしょう。

実際、財布や自分の口座にお金があろうがなかろうが

顔パスで どうにでもなる人は いる…かもしれませんが

どこかでお金が必ず動いています。

 

お金を持っている人を動かせるなら、

自分は持ってなくてもいいのです。

 

国家はそうやって、お金を持っている国民から

お金を借りたり集めたりしているでしょう。

 

つまり、お金を持っているのは

国家ではなく 国民。

 

前回言ったように

私たちは 誰でもみな、お金持ち、なんです。

 

お金があれば、行動の制限が減り、自分でやらなくてもいい事や

人に任せた方が良いことは、お金を出して人に頼むことが出来ます。

 

欲しい物を買うのも、ビジネス以外に使うことも、

みな誰かのためになっています。

 

お金を極力使わないで 生きていこうとするより

お金を使って、どんどんやりたいことをやっていく方が

自分にも、世の中のためにもなる。

 

シンプルなことでしょう?

 

お金を沢山得ることが 大変だ、難しい、罪悪感がある…

これらの 思い込みがある限り

 

お金を沢山得るために 頭を使うことなど

面倒だし、抵抗感しか出ないでしょう。

 

お勤めで 毎月の基本給が決まっていれば尚更かもしれません。

 

給与が決まっていると、年収いくら、とざっくり見えてしまうため

数千万、数億などという数字は、異次元の金額に思えるかもしれませんが、

経営する側ともなれば、自分個人の給与分だけ考えているわけにはいきません。

 

個人事業主でも同じことです。

毎月、誰かがお給料を払ってくれるわけではないのですから

「ほどほど」でいいや、とか、月30万円で「いいや」では

儲かるわけがありません。ほどほどではなくギリギリ。

月30万円コンスタントに入ってくることはまずないでしょう。

 

もちろん単に「多ければいい」というものではありません。

 

「お金そのもの」を目的にしてしまうと

お金に振り回される人生となって、人生を創造する喜び、がどこかへ行ってしまいます。

 

マネタイズ、マネーゲームが面白い、と思っている人もいるでしょうけれど。

 

今までと違うことを始めると変化を嫌がる脳は 猛烈な抵抗を始めます。

本当にやりたいことではない場合、それに逆らうことは、ほぼ不可能なのです。

自分や家族が病気になったり、やらなくてもいい理由がいくらでも思いついてしまう。

人間にはそういうシステムが備わっています。

 

やらねば死んでしまう、後がないという

切羽詰まった状態 もしくは、わけもなくやりたい、実現したい、叶えたい

ゴール(夢)があるなら、話は別

 

イマジネーションがあれば、

出来ない、やらない理由など諦める理由にはなりません。

 

夢を叶えるために、孤軍奮闘して頑張るのは無謀としか言いようがありません

あなたにとって 沢山のお金とは どのくらいでしょう?

やりたいことを 制限なく想像してみて いくらかかるか調べてみましょう。

一人でやる時間と労力を考えたら

お金と知恵を使う事で 後々それが10倍、100倍~も可能です!

 

やってみたい、気になる、と思った方は

メール講座

体験セッションで お目にかかりましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください